MENU

ニュース

『ウルトラマンジード』主演の濱田龍臣さんインタビュー!


『ウルトラマンジード』直前スペシャルはいかがでしたでしょうか!

来週の放送開始に向けて期待が高まりますね!

円谷倶楽部では、7/8の放送開始にむけてメインキャストのみなさんと、坂本監督、乙一さんの

インタビューを連日公開していきます!

 

まずお一人目は主演の濱田龍臣さん。

2010年の『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』以来のウルトラ作品登場となる濱田さん。
爽やかな青年という雰囲気の濱田さんが、ベリアルの息子をどう演じるのか、今から楽しみです!


・出演が決まったときのお気持ちを教えて下さい

本当にびっくりしました。
小さい頃からずっとウルトラマンになりたいという思いがあったので。
ついに僕がウルトラマンになるんだ…と、嬉しかったです。

2010年の映画のとき、僕はゼロの仲間だったんですが、今回の『ジード』では敵だったベリアルが
いつの間にかお父さんになって、という設定で少し不思議な感じもします。
ただ、ウルトラ作品に出演するというのはすごく気合が入ります。
観て応援してくれる子どもたちが憧れを抱ける、夢を与えるヒーローにならなくてはいけないので
色んな意味で格好良くやらなくてはという思いがあります。
 

・ベリアルの息子を演じる上での思いをお聞かせください

「ベリアルかあ…悪いやつなんだよなあ」って。
その息子をどう演じたらいいんだろうって最初は正直困りましたね。
今でもまだ模索中というか。
ストーリーが進んで、リクが成長していくに連れて、またさらに変わっていくんだろうと思います。
『ウルトラマンジード』はリクの成長物語という面もあるので、リクと一緒に僕も成長していけたらいいのかなと思います。
あとはやっぱり明るく元気にというのは大切にしています。
根本は僕と同じでヒーローに憧れる男の子なんだけど、
譲れない正義感やベリアルの息子だという運命との葛藤を抱えている…そういう部分を表現できたらと思います。

 




・撮影現場はどうですか?

現場はすごく面白いです!
みんなが笑わせてくるんですよ(笑)。
みんなおしゃべりが好きで、全員が全員ムードメーカーみたいな感じですね。
撮影が始まる前に坂本浩一監督の指導のもとでアクション練習会があったんですが、
それでみんな団結した感じはありますね。とにかく筋肉痛が激しくて(笑)。
いままでも多少ワイヤーでつられたりとかアクションの経験はあったので興味は持っていたのですが、いい勉強になりましたね。
楽しかったです。
作品が進むにつれてアクションの成長もお見せできたらいいなと思います。
 

・作品の見所と円谷倶楽部の皆さんへのメッセージをお願いします。

だんだんと変わっていくリクの心情に注目していただけたらと思います。
僕自身台本を読んで、人はそれぞれ感じ方や考え方が様々で、
いろんな出来事にその人なりの事情があるんだ、ということに気付かされました。
大人の方も楽しめる深いストーリーだと思います。
 

ウルトラマンの初期のシリーズからご覧頂いている方も多いと思いますので、
この『ウルトラマンジード』で新たなウルトラマン像を見てもらえたらと思います。
ベリアルの息子というある種の運命と戦っているリクと、周りのバラエティに富んだキャラクターなど、
どこをみてもすごく濃厚な作品になっています。

ぜひ細かい部分まで楽しんで観ていただければと思います。
応援よろしくお願いいたします。


 

【ブースカの一言】
濱田さん、ありがとうございました!
爽やかすぎました~!
実は僕、2010年の映画公開の際も濱田さんにインタビューさせてもらってたのれす。

とても素敵な青年に成長されていて、ますます『ウルトラマンジード』が楽しみになりました~♪

 




濱田さん、坂本監督、乙一さんの寄せ書きサイン色紙を、1名様にプレゼントします。

また、濱田さんの直筆サイン入りチェキを2名様にプレゼント!

ご応募はこちらから!

 


プロフィール
濱田 龍臣(はまだ たつおみ)
俳優。2000年生まれ。千葉出身。
大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ注目を集める。
映画やドラマ、バラエティなど多方面で活躍中。
2010年には『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』に出演。