MENU

ニュース

ダンとアンヌが語る『ウルトラセブン』50年の想い

ダン、アンヌ、セブンと一緒にぼくも写真を撮ってもらったんれす!光栄れす…!

 

 

『ウルトラセブン』放送開始から今年で50年。

「ウルトラマンフェスティバル2017」にて、モロボシ・ダン役の森次晃嗣さん、友里アンヌ役のひし美ゆり子さんが出演する特別イベント「レジェンドナイト」が開催されました!

ウルトラセブンの魅力や当時の撮影秘話など、貴重な話を聞くことができ熱い夜となりました。

 

ここでは、「レジェンドナイト」に先駆け行われた森次さん、ひし美さんのインタビューをご紹介します!

 

・50年を振り返って、森次さんから見たアンヌ隊員のいいところと、ひし美さんから見たダン隊員のいいところを教えてください。

森次さん

アンヌは20歳でメディカルセンターに勤めていて、なんでもできる。

20歳でいいの?と思った。素敵な女性です。

 

ひし美さん

ダンは、それはもう良い役!体を害してまで地球のために頑張ってくれた。

 

・50年前の演技を見て、今どう思いますか?

森次さん

新鮮でした。ストレートな演技だったし、今同じ芝居をやれと言われても出来ない。当時の良さがありました。

懐かしい感覚があり、ロケ当時のことを思い出します。

 

ひし美さん

わあー、下手!(笑)新人だったから…(笑)

 

・「ウルトラマンフェスティバル」の印象はどうですか?

ひし美さん

昔、子供と一緒にきたことがあります。

会場ではアンヌだってバレなかった!「私、アンヌなの!」って自分から言うのも変だしね(笑)

 

森次さん

ウルトラには光がある。

今日も会場のグリーディングひろばでトークショーを行ったが、ファンのみなさんが大勢きてくれて驚きました!

・当時のキャスト、スタッフの皆さんは今でも集まったりするんですか?

森次さん

こういうイベントの時くらいです。

でも、50年経っても「ダン」「アンヌ」で呼び合っていて変わりません。

 

・今後、こんな形でセブンに関わってみたいという願望はありますか?

ひし美さん

いつまで元気でいれるかわからないけど、10年後また集まれたら幸せです。

 

森次さん

ファンが増え続けているのが不思議でしかたない。

「そんな作品あったね」って思われてもいいはずなのに、すごい作品だと思います。

何百という作品に関わっているが、『ウルトラセブン』だけ。

ファンの視線がギラギラしていて、みんなマニアックでセブン博士。それに元気をもらっています。

 


50年経っても人気が増すばかりの『ウルトラセブン』

お二人の話を聞いて、その魅力を改めて実感できました。

ファンが熱狂した「レジェンドナイト」の詳細レポートはこちらよりご覧ください!

 

<<プレゼント企画!>>

森次さん、ひし美さんの寄せ書きサイン色紙を、3名様にプレゼント!

ご応募はこちらから♪